過払い金の返還請求は法律によって認められている

バナー

過払い金の返還請求は法律によって認められている

過払い金問題は、消費者の負担が大きくなる利息の法律を消費者に対して適用していたことに関して生じる問題です。


では、そもそもなぜ貸金業者はあえて利息の請求が高くなるような法律を選択したのでしょうか。
それは、利息の上限を上げるほど貸金業者の利益を大きくすることができるからです。

貸金業者の利益は、融資の際に発生する利息によって成り立っていますので、貸した相手から利息を請求することが出来ないと会社としての利益を手に入れることができなくなります。



普通、融資をする時には元金に対してパーセンテージを設定して利息を請求します。例えば、10万円のお金を貸した時には10%の金利を設定することで年間で1万円分の利息を消費者に対して要求することができるようになるわけです。つまり、利息の上限のパーセンテージを上げれば上げるほど貸金業者の利益はどんどん上昇していくことを意味します。

当然ですが、このような傾向にありますので無制限に利息の上限を引き上げることが出来ると考えると消費者の負担が無限に上昇していくことになります。

過払い金の情報探しををお手伝いします。

そこで、利息の上限をむやみに大きくすることが出来ないように利息に関する利息制限法という法律が作られたのです。

過払い金は、本来この利息制限法という法律を利息の根拠にしていれば絶対に発生しないので、近年の貸金業法の改正によって利息制限法を基準とした融資の契約を締結しなくてはならないようになりました。

そのため、過払い金問題はこうした経緯によって無事に解決することが可能なのです。

教えて!gooについての情報ならこのサイトです。