過払い請求をしてもダメな場合とは

バナー

過払い請求をしてもダメな場合とは

お金を借りる時には利息がかかってきます。
この利息というのは利息制限法という法律で上限が決められていて、上限以上の利息で借金を返済していた場合、この上限以上の利息分が払い過ぎているということになります。

お手軽の過払い金を知りたい方必見の情報を集めました。

そしてこの払い過ぎていたお金を返してもらえるようにするのが過払い請求です。
しかし過払いがある場合でも注意しなければお金を取り戻すことができない場合があります。

教えて!gooに対する期待が寄せられています。

まず原則として過払い請求をすることができるのは、最後に取引をした日から10年以内ではないとダメだということです。


わかりやすく言えば10年で時効になってしまうわけです。時効になってしまうといくら払い過ぎたお金があるということがわかっても取り戻すのは非常に困難になってしまいます。

時効は法律でも決められている条件になり、10年間何もしてこなかったということは請求する気がないと思われて権利が消滅してしまうのです。
ですから借金をしていた経験がある人は早めに確認してみるとよいでしょう。



また時効だけでなく期間が開いてしまうと、お金を借りていた業者そのものが倒産などでなくなっていることも考えられます。

金融業者がなくなっている場合では過払いがあるとわかっても、そもそも請求するべき場所がないわけですからお金を取り戻すことはまず無理だと思った方がよいでしょう。

そして闇金融など違法業者への過払い金の制球も難しいといえます。

請求することができるのはあくまでも正規の業者だと認識しておきましょう。